残土処理は特殊機械で作業効率1.5倍|楽々快適特殊工事

作業員

事故を未然に防ぐ

クレーン

造船業や建設業などいろいろな業界で使われているクレーンは重い荷物を運ぶためにとても便利な特殊機械になります。このクレーンを使うことで人間では持てないものも簡単に運ぶことができます。しかし、操作ミスや点検ミスによって労災事故が起こってしまっている企業が多くいます。最悪の場合、命を失ってしまう可能性もあるので十分に取り扱いに気を付けないといけません。そのためにも点検をすることはとても大切になるのです。
点検では、クレーン本体の劣化、サビ、ワイヤーの破損、劣化などを見るようになります。そこで不具合が起こっていたらクレーンを運転することを中止しないといけません。万が一、点検で不備が見つかっているのに運転をすると大きな事故に発展する危険性があるということを十分に知っておくことが大切です。
特殊機械や工具の点検は法律でも定められており、点検の記録を残さないといけません。そのため、クレーンなどの特殊機械の責任者になっている人は点検表を作成し、運転者に運転前点検を行なうことが大切です。また終業点検も行なうことで未然に事故を防ぐことができるでしょう。

点検表を作ることやチェック項目の再設定をするときに担当者は点検のポイントについて知っておくことが大切です。
点検は、管理者だけでなく、運転者も知識をつけておくことが大切です。初めてクレーンを運転する人がいる場合には、講習会を開いて点検のポイントを共有することが大切でしょう。
また、クレーンを使う企業によって環境が異なるので、環境にあった使い方というものがあります。周囲の点検やクレーンの周りにカラーコーンをおく、縄を張って誰も入れないようにするなどがあります。これらのポイントを知ることや管理することが事故を未然に防ぐことができるのです。